浅草桜開花状況2016や花見におすすめのスポットは?船情報も

サムネイル浅草と言えば、年間観光客数3000万人を誇る浅草寺など、江戸の情緒も残しつつ東京スカイツリーなどの最新のスポットまで楽しめる東京屈指の観光スポットですよね。

でも、浅草にはそれだけではなく隅田川などの桜の名所も近くにあり、浅草の観光と一緒にお花見も楽しめるのも魅力の一つです。

さらに、浅草からは隅田川の花見の名所を船から見ることもできるのだとか。

そこで、今回は浅草の桜、開花時期やおすすめ花見スポット、船の情報をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2016年の浅草の桜の開花状況はコチラ!?

画像1

浅草と言えば、浅草寺の仲見世通りの桜並木を思い浮かべますが、それだけではなく台東区にあるため、隅田川などの桜の名所もあるのだとか。

そこで、浅草の桜の名所を中心に2016年の開花状況を予想していきたいと思います。

ちなみに、2015年は浅草近辺の桜の開花は3月23日頃で、満開の時期は3月29日頃だったようで、さらに2014年は、桜の開花は3月25日頃、満開は、3月30日頃だったようです。

それは2015年は平年に比べ、暖かかったので開花時期が早まったのだそうで、2016年は平年並みの気候になることが予想されていますので、開花予想は3月25日頃、見ごろは3月末頃が予想されますね。

浅草の花見おすすめのスポットはコチラ!?

・台東区立隅田公園

画像2

浅草駅から徒歩3分にある隅田公園はお花見の名所で、3月下旬から4月上旬(桜の開花状況により変更あり)には隅田公園桜まつりが開かれるのだそうです。

また、屋台も出て、お花見客で賑わうので場所取りは早朝からしないといけないのだとか。

さらに、隅田川の桜と言えば夜のお花見も見どころで、千本桜のライトアップとスカイツリーが望め、その景色は圧巻ですよね。

・浅草寺

画像3

外国観光客も多く訪れる、都内で最も古いお寺で、地元の方からは浅草観音の名で親しまれているのだとか。

そして、3月中旬から5月上旬の間、非公開の伝統院庭園を特別公開していてその中には、樹齢300年のシダレザクラを見ることができるのだそうです。

また、このシダレザクラと浅草寺の五重塔と東京スカイツリーを一緒に見られるスポットもあるようなのでおすすめですよ。

こちら、伝統院庭園の入場時間は午前10時から午後4時、入場料300円(同伴者と一緒で中学生以下は2名まで無料)です。

さらに、仲見世通りの桜も見どころで、夜にはライトアップされ幻想的な雰囲気が楽しめるのだそうですよ。

桜並木を歩きながら、買い物ができるなんて江戸の粋を感じますね。

・小松橋通り

画像4

こちらは、一葉桜が植えられており4月の上旬から、フリルのような花びらが幾重にも重なった美しい桜を見ることができます。

また、小松橋通りでは平成28年4月9日(雨天順延)に、浅草観音うら一葉桜まつりが開かれるのだそうですよ。

こちらは、浅草観音うら三大祭の一つで小学生のパレードや、街角ステージショー、江戸吉原おいらん道中といった華やかなパレードや、多くの模擬店で大変賑わうのだとか。

スポンサーリンク

浅草の船でのお花見情報はコチラ!?

画像5

・江戸5大しだれ桜と特別公開の桜2景めぐり&隅田川千本桜クルーズ

こちらは浅草から出発して、浅草寺のしだれ桜や船から隅田川の千本桜を見ることができるプランとなっています。

2016年のプランでは、黒毛和牛のすき焼き丼がついていて、桜を見ながら美味しい昼食を取ることができるお得なプランですよ。

・東京都観光汽船株式会社の夜桜船 桜橋周遊ライン

こちらは、浅草から出発して隅田川で最も桜が美しいと言われる吾妻橋間を45分かけて周遊するプランです。

振袖さんの舞やお酒もついていて、お花見だけではなく気軽に船遊びも楽しめるのだとか。

乗船のみは1,240円、振袖さんの舞などがついているほろよいセットは、大人2,800円小人2,000円(大人2名より予約可能)なのだそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、浅草の桜の開花状況やお花見におすすめのスポット、船情報をご紹介いたしました。

浅草寺は江戸の情緒を感じられる雰囲気のなか桜を見ることができ、仲見世通りの夜のライトアップも幻想的ですね。

また、徒歩で行ける場所には隅田川のような桜の名所も堪能でき、船も楽しめ様々な角度からお花見を楽しむことができるのでお得ですよね。

いつもと雰囲気を変えて、色々なお花見を一度に楽しまれたいという方はぜひ、浅草に行かれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ